読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MackerelのAWSインテグレーションで対象インスタンスの絞り込みができるようになったと聞いて。 #mackerelio

タイトルなげえよ。

■前回・前々回のあらすじ
AWSインテグレーションで登録されるホストをIAMで制御しようとしたけどダメだったよヒィン

damenaragyouza.hatenablog.jp

damenaragyouza.hatenablog.jp

そこではてなさんがタグによる絞り込み機能を実装してくれました!かつる!
mackerel.io

■IAM
取り急ぎ今回は下記3つを設定しました。
・AmazonEC2ReadOnlyAccess
・AmazonRDSReadOnlyAccess
・IAMReadOnlyAccess
 ※本来であればiam:GetUserだけで大丈夫とのことです

■ELB
今回はタグの「Product」と「Env」で絞ってみます。
まずはELBのTagで必要事項を入力します。

絞り込みの動作確認用として、Envのみ変えたものも用意します。
f:id:damenaragyouza:20160617163456p:plain f:id:damenaragyouza:20160617163947p:plain

Mackerel側ですが、オーガニゼーションの設定で 実験的機能 を有効にします。
f:id:damenaragyouza:20160617184024p:plain

するとAWSインテグレーション設定で タグを指定して登録するホストを絞り込む が表示されます!
f:id:damenaragyouza:20160617165221p:plain

今回は登録するタグにEnvとProductを指定しました。
本番環境(Env:prod)かつ、特定プロダクト(Product:xxx)のみ登録するというのが狙いです。

なんということでしょう!
Env:prodかつProduct:xxxのELBのみ登録されたではありませんか!
f:id:damenaragyouza:20160617183023p:plain

■RDS
Tagを追加します。
ELBと同様に、EnvとProductを指定してあげます。
f:id:damenaragyouza:20160617184331p:plain

なんということでしょう!以下略
f:id:damenaragyouza:20160617184600p:plain

■ElastiCache
同じイメージで(雑)

これでAWSでのMackerel利用が捗るのでみなさん活用しましょう!
ただし、まだ実験的機能であることをお忘れず!

広告を非表示にする